就活生が入社前に確認すべき3つのこと

人生の大きな選択である就職活動。せっかく働くならホワイトな会社がいいと思う方もいるでしょう。ですが、会社の実態は働いてみなければ分からないものです。

 

ホワイト企業に新卒入社した僕も「あれ、、こんな話あったっけ?」と思うこともありました。そこで今回は「就活生が入社前に確認すべき3つのこと」をお話しします。

 

OB訪問などの際にぜひ役立ててください。

 

家賃補助

入社前にあまりみんなが気にしないのは「福利厚生」。ほとんどの就活生は「仕事内容」や「やりがい」も大事にしますよね。

 

もちろん、その2つも大切です。ですが、思っている以上に会社によって福利厚生には差があり、生活に大きな影響を与えます。

 

なかでも重要なのは「家賃補助」。社会人になって新しく一人暮らしを始めようという人もいるでしょう。その際「どれだけの金額が支給されるのか」は、あらかじめ確認しておくべきです。

 

家賃補助は毎月、一定額が口座に振り込まれます。待遇がいい会社だと5万〜7万、わるい会社だと1円も支払われません。

 

家賃補助というと家賃が安くなるんでしょ程度で思いがちです。でもよく考えてみてください。毎月5万円の支給がされているということは、給料が毎月5万円多いのと同じことです。

 

 

月20万で家賃補助5万円の会社より、月23万で家賃補助なしの会社の方が結果的に損します。

(もちろん昇給などにもよりますよ)

 

ですので、少しでも一人暮らしを考えている社会人(男性)は家賃補助はチェックしておきましょう。

 

残業の仕組み

残業の質問は、やる気がない学生のように思われそうで、なかなか辛いですよね。僕も大学の教授から「あんまするなよ」と言われていました。

 

ですが残業の仕組みは必ず質問しておくべきです。全く知らずに入ってしまうとブラック企業だった…なんてことも少なくありません。

 

残業代はそもそも出るのか、出るならどのように管理しているのかチェックしておきましょう。僕の会社はパソコンで打刻申請する仕組みでした。

 

なかには「見なし残業制」を採用している企業もあります。月◯時間分の残業代を支払うから、残業時間がそれ以上でも以下でも関係ないよって制度です。

 

ブラック企業ではこの制度を理由に死ぬほど働かせるところも少なくありません。

 

  • 残業代の有無
  • 残業の制度

 

はあらかじめ人事にチェックしておきましょう。

(選考序盤できくとやる気ない判定されかねないから、終盤or内定後がいいかも)

 

有給消化率

多くの就活生がほとんど気にしないのは「有給消化率」入社前は120%の力でバリバリ活躍してやるぜ!!と思いますよね。

 

でも、入社するとプライベートの大切さに気づかされます。これから社会人として働いていくことを想像すると、楽しく遊ぶこともしないとやっていけません。

 

毎日昼過ぎにおきて夜通し飲む大学生にとってはまさに苦行。ですので、有給消化率がどれくらいかあらかじめチェックしておきましょう。

 

会社が休息やプライベートをどれだけ推奨しているかを表す指標です。ただし、高ければ高いほどいいというわけではありません。

 

ここが1番伝えたいところ。僕もホワイト企業に入社したし、有給バンバン使えるんだろうなぁ!とウキウキ気分でした。

 

ですがオリエンテーションでこう話されたんです。

 

「お盆休みは有給を消化してもらいます」

 

え、、?

なにいってんの、、?

 

会社の言い分はこんな感じ。有給消化率は一定以上ないと国に言われるから、休日に有給とってもらってる。

 

半強制的に有給を消化せざるをえない仕組みですね。もちろん有給全て使わされるわけではありません。ですが、半分くらいはお盆休みに吸収されます。

 

これでは有給消化率が高くても、全く意味がないです。ですので、企業選びをする就活生は高い有給消化率に騙されないようにしてください。

 

僕の会社のような例があることも伝えて、会社の制度を聞いてみるといいでしょう。

 

まとめ

就活生の多くは会社で「やりたいこと」「やりがい」を重視しがちです。もちろんそれらも大切ですが福利厚生も大切。入社するまえには「家賃補助」「残業代」「有給消化率」もチェックしておくことをオススメします。

 

入社後に騙されたっ!!ってならないためにも人事に聞いておきましょう。あなたが素敵な会社に入れることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です