実写映画「美女と野獣」は歌がやばい!感想レビュー!

先日公開された「美女と野獣」の実写映画を見てきたので、感想をお伝えしたいと思います! これから見に行こうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!  

結論を言うと、「めちゃめちゃ良かった」

  率直な感想を言うとめちゃめちゃよかったです。今まで僕も多くのディズニー映画を見てきましたが、実写映画「美女と野獣」はかなり完成度が高い作品だなぁといった印象を受けました。

 

最近実写化されたディズニー作品として「シンデレラ」がありましたが、個人的には今回の「美女と野獣」の方が好きです! それでは具体的に実写映画「美女と野獣」の良かったところをご紹介していきましょう! 

歌が本当に素晴らしい

  とにかく歌が本当にすばらしいです。観るとこんな気持ちになります。「エマワトソン、歌うまくね!?」 ハリーポッターの時から可愛いのは十分承知でしたが、まさかここまで歌もうまいなんて・・・

 

特にベルが街の人々から変な子呼ばわりされる「朝の風景」はとてもよかった! 歌唱力はもちろん、ミュージカル映画なので街の人のダンスも揃っていて要注目です!

 

美女と野獣の曲は、曲名は分からなくても「あ!聞いたことある!」って曲が多いので 実写映画を見ていても楽しめると思います!  

原作と異なるオリジナルストーリー

  王子が魔法をかけられ、姿を戻すためにベルと真実の愛を見つける この基本的なストーリーは変わりません。 しかし、野獣に魔法をかける魔法使いが原作とはちょこっと違う立ち位置になっているので、ぜひ見てみてください。

 

「あ、この人なんやぁ!!!」ってなりますよ(笑) あとロウソクのルミエールや時計のホグスワースの愛人も出てきますよ!  

ディズニー映画のメッセージが泣ける

  ディズニー映画といえば「夢はかなう」が最も大きなメッセージですよね。 その中でも今回の映画「美女と野獣」では次の二つのメッセージが込められています。

人間の本質的な魅力は中にある。

一見私たちは相手の一部分だけを見て判断してしまうことがあるかと思います。 しかし、人間の本当の魅力は一見見えずらいものです。 より相手を知り、魅力を引き出せる人になろうと思わされます。

未完成な自分を他人で埋めてはいけない

非常に勇敢で強いガストンは自分を最強の男だと自覚している。 しかし、そんな彼にも「妻」という足りないものがありました。 この足りないピースをベルで埋め合わせようとする姿が分かりやすく描かれています。 自分を満たすためには、自分の中身を変えなければいけないと強く思い知らされます。

他人と違うは「武器」である。

これが私個人が最も強いと思ったメッセージ。 ベルは本ばかり読んで街の人々から「変なやつ」扱いをされてしまいます。 しかし、ベルは一時は自信を無くすものの、ありのままの自分を貫きます。 その生きざまが最高にかっこよく思える映画です。

まとめ

実写映画「美女と野獣」は歌もよし、女優もかわいい、話も泣けるの三拍子がそろった作品です。 原作ファンの方も、はじめての方も万人が楽しめる映画だと思います。 ぜひ、一度ご鑑賞あれ。 僕は次は4DXで「美女と野獣」を見に行くので、その感想も後日アップします!

おまけ

時計のホグスワースの声、マジでイケボだから見てみて。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です