僕は彼女との時間が大好きだ

僕は彼女といる時間がめちゃめちゃ好きだ。

仕事している時間なんかよりもちろん、美味しいもの食べてる時間よりずっと楽しい。

何かを達成するために努力する時間より、好きなんだ。

別に大きく成し遂げたいことなんてない。

はっきりと堂々と胸張って言える【夢】なんてのなんてない。

趣味なんてベッドに転がってアニメ見るくらいだ。

でも、成し遂げたい暮らしはある。

それは好きな人に会いたいときに会える生活。

そばにいたいとに、そばにいられる生活。

仕事終わり「ご飯食べよ」って言えば食べれる、そんな当たり前のような生活が僕にとっては最高の幸せ。

僕は彼女のためなら、時間もお金をかけられる。

世の中には「効率」「生産性」「成長」なんて意識の高い言葉がごろごろと転がっている。

そんな意識の高い人から見たら、彼女と過ごす時間だって大きな意義はないかもしれない。

はたから見たら手繋いで遊んでイチャついてるだけだから。

その時間を作業に回した方がうまくいくこともたるだろう。

でも僕はその意義のない時間にめちゃくちゃ価値を感じているし、大切にしたいと思っている。

ほぼ毎週会うし、平気で3時間とか電話する。

これは【無駄】かもしれないけど、僕にとっては意味がある。

だから人生、好きな人との時間を大切にした生き方をしていこうと思う。

それが将来の選択をする、僕なりの基準な気がする。

相手がしんどい時は、助けられるくらいの余裕がほしい。

そのために、ある程度自分にゆとりを持たせたいしそんな働きかたが理想だ。

好きな人と家庭を持つことになったら、子供との時間はたくさんほしい。

特に幼少期、1番一緒にいてあげたい時期、いてあげるべき時期にそばにいてあげたい。

それができるくらい、場所も時間に自由のある暮らしが理想だ。

特別、やりたいことなんてない。

ただ好きな人といる平凡な時間を、妥協せず大切にしたい。

それが僕のやりたいことなのかも。

 

というペアーズで彼女作った男のノロケ話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です