プロフィール

初めまして「ゆるぼく」を運営しているはやてです!

現在は都内優良企業で会社員として働きつつ、複業ライター、ブロガーとして活動中。

ゆるく生きることをモットーにしています

それでは、ぼくの簡単な自己紹介をさせてください~

以下の6つの項目にわけてお話します!

  • 経歴
  • 大事にしている価値観
  • 今までの人生
  • 趣味/好きなこと
  • 「ゆるぼく」で伝えたいこと
  • 読んでくれたあなたへメッセージ

それではいってみよー

経歴

まずはぼくの簡単な経歴からご紹介します。

  • 1995年:横浜市にうまれる
  • 1995年~2017年:横浜住みで都内の学校に通う
  • 2017年8月:田舎フリーランス養成講座を受講
  • 2017年9月:WEBライターとして活動し生計を立てる
  • 2018年4月:都内メーカーに就職し法人営業を担当、複業家として活動中

ぼくが大事にしている価値観

興味・関心に素直になる

僕が一番大事にしていることは、興味・関心に素直になること。

自分が面白い!楽しい!と思ったことには全力で飛び込みます。

なぜなら、自分の好きなことやワクワクしているときが一番楽しいから。

だから周りの目とかあんまり気にしません。

例えば、僕はアニメが好きです。

中学生の頃から新しく放送されるアニメをチェックし鑑賞しています。

(最近はあまり見れてませんが…)

でも、アニメに関することって僕のなかですごくテンションあがるし、仕事でも努力と感じないんですよね。

こんな感じで努力と感じないことを少しでも増やせたらと思い、興味・関心に素直でいることを大切にしています。

周りに期待しない(ギブ&ギブ)

僕は基本的にまわりの人に大きな期待はしていません。

うわ・・・冷たいやつや・・・と思われても仕方ないかもしれないですね(笑)

でも個人的にこれはすごく大事だと思っていて。

だって、他人に期待しすぎると基本がギブ&テイクの考えになります。

例えばこんなセリフよく聞きませんか?

「俺はこんなにしてやったのにお前はなんで!」

恋人同士によくあるパターンですよね笑

そもそも他人は別の人間だし、自分のお母さんじゃありません。

だからこそ、僕は相手に見返りを求めず、ギブ&ギブを行える人間になりたいです。

今までの人生

小学校時代:真面目な生徒でありアニオタのスタート

 

小学生のときは、わりと真面目な生徒でした。(自称)

宿題は毎日提出し、放課後には塾にも通っていました。

先生にも優等生的な扱いをされ、足が速かったこともありわりと女の子からもモテました。

今思えば人生で一番ウハウハな時代だったのでは…?

その一方で、姉がBL(ボーイズラブ)に目覚め始めて同人誌というものを目にします。

うおおぉぉぉぉぉおこんな世界があるんや…

小3にして初めて姉にアニメイトへ連れられました。

僕はNARUTOやテニスの王子様のグッズを見ていましたが、今思えばあのときからオタクは始まっていたのかもしれません。

中学校時代:全国レベルの強豪テニス部で絶望する

中学校ではテニス部にはいっていました。

そう、テニスの王子様に感化されてテニス始めた世代です。

なかでも僕の行っていた中学は強豪で全国優勝がしたことがあるほど。

それだけあって、上下関係の厳しいTHE スパルタな部活です。

食事の時は先輩の水やお茶碗が空いてないか常に立りながらチェックする。

先輩が前に歩いていたら全力ダッシュで「僕が持ちます‼」と叫ぶ。

いつどこでどんな時も先輩が来たら「ワッスッ‼‼」という意味の分からない挨拶を喉が枯れるレベルで叫ぶ。

こんな環境にいながらも、ここでやめたら負けだという謎のプライドをもって3年間続けました。

無駄なしきたりや、ルールが嫌いになったのはこの頃からかもしれません。

ちなみに中2から「けいおん!」を見出してオタクスタートです。

高校時代:アニオタ活動に全力投球

高校時代は基本アニオタ活動に注力したといっても過言ではありません。

部活は陸上部で槍投げをやっていたけど、そんなのはどうでもいい笑

高1からバンド活動をはじめ、ドラムを担当。

アニソンを中心にカバーし、文化祭で演奏していました。

好きなものを好きな人たちと作り上げる感覚は最高に楽しかったです。

他にも文化祭では「ヲタ芸」をやりました。

ヲタ芸とはもともとはアイドルオタクがライブ中に行うダンスのこと。

今ではサイリウムといった光を使ったパフォーマンスとして話題になっています。

youtuberでは「北の打ち師たち」などが有名ですね。

高校の文化祭では、体育館を貸し切り約400名近くを集客したりなどプチ人気集団になりました。

このとき好きなことで仲間を集めて、一緒に何かを成し遂げる楽しさを実感しました。

大学生時代:WEBライターの活動開始

大学生は遊びながらも、人生について考える時期が多かったです。

若いながらも将来自由に生きたいと思って、自分で稼ぐスキルをつけるため色々挑戦しました。

大学1年生からアフィリエイトに挑戦してみたり、Amazon輸出のセミナーに参加してみたり。

親には「将来就職しない、起業するから」と言ったことさえあります笑

結局どれも楽しくないし、結果も出なくて辞めてしまいました。

ですが、あるきっかけで少しずついい方向に変わっていきます。

大学4年生の夏に受講した「田舎フリーランス養成講座」です。

これは自分で稼ぐスキルを身につけるために行う1ヵ月間の合宿のようなプログラム。

ここで様々なフリーランスの人たちと出会い、一気に自分で稼ぐことが現実的に見えました。

それからWEBライティングをはじめて、3ヵ月では39万円という実績も上げることできました。

始めて3ヵ月の新米ライターが月収39万円を達成した話

社会人時代:都内ホワイト企業に就職

現在は都内のホワイト企業に就職し、バリバリ働いています。

就活では広告業界を中心に受けていましたが、就活しながらも垣間見える過酷な働き方にビビって辞退。

特に就活中は小太りさんのこんな記事にも影響を受けました。

「電通」と一緒に仕事をして感じた”7つの狂った常識”

20人規模のベンチャー企業も内定をもらいましたが、ガツガツした雰囲気とワンマン経営に嫌気がさして辞退。

ですので、今はアットホームな雰囲気の中小企業に勤めています。

趣味/好きなこと

アニメ

泣けるアニメが好き。クラナドは人生。鍵っ子です。

映画

泣ける映画が好き。君の膵臓を食べたいで号泣。浜辺美波さんが好きです。

グルメ

食べログ課金ユーザー。食べログ評価3.5以上のお店を各所で巡ります。

インテリア

おしゃれな部屋に、したい。

最後に:ぼくが「ゆるぼく」で伝えたいこと

ここまで読んでいただきありがとうございました。

少しはぼくのことを知っていただけたでしょうか?

最後に僕がこのブログ「ゆるぼく」で伝えたいメッセージ。

ゆるく生きたっていいじゃないか

これはこのブログの由来でもあります。

今インターネット上で活躍するブロガーなどのインフルエンサーには、とても熱い情熱をもった方が多いでしょう。

世界一周行くんだ!!

絶対ビッグになってやるんだ!!

影響力の大きな人間になってみせる!!

これらの意見が間違っているなんて、これっぽっちも思いません。

でも、みんながみんな熱い情熱を持ってエネルギッシュに生きる必要はないと思うのです。

ぼくは世界一周したいとか思わない日本大好き人間です。

休日も部屋から一歩も出ずアニメを見る日だって少なくありません。

有名になろうとかビッグになろうという気持ちもないです。

(影響力をもって色々な人と繋がれたらとは思いますけどね!)

だから、ぼくはこのブログを通して「ゆるく生きる」という選択を肯定し発信したい。

みんながみんな、エネルギッシュに頑張らなくてもいいんだよと伝えたい。

時にはサボったっていい、ぐーたら過ごす時間があってもいい。

それでも自分が幸せならいいんです。

こんな想いを届けるため、僕は「ゆるぼく」を更新していきます。